お知らせ

admin Рубрика: Новости
Комментарии к записи お知らせ отключены

 

2015年9月~12年に行われる第12回「サンクトペテルブルクにおける日本の秋」フェスティバルの枠内で第1回露日短歌コンクールを開催いたします。

応募方法は、自作の短歌をEメールでお送りいただくだけです。ふるってご応募ください。

コンクール開催委員会:サンクトペテルブルク国立大学(日本学科)、在サンクトペテルブルク日本国総領事館、レニングラード州立法議会およびサンクトペテルブルク市政府国際関係委員会および文化委員会支援国際協力協会、

 

 

コンクール開催規約:

サンクトペテルブルク市およびレニングラード州にお住まいの方ならどなたでもご応募いただけます。大阪および京都にお住まいの方ならどなたでもご応募いただけます。作品は、必ず本名でお送りください。ご希望により 筆名(ペンネーム)を付加していただいても結構です。

コンクールの枠内で、短歌の歴史や伝統、理論や規範についてマスタークラスを催します。

マスタークラス開催日時 2015年10月5日、11月3日、午後6時30分

住所:St.Petersburug, pr.Liteyny, d.60, サンクトペテルブルク国際協力協会

 

本コンクールでは、「白夜」という題で短歌を募集いたします。

1)革新的な序詞の短歌

2)言葉遊びで構成された短歌(音や語のパラレル、同音異義語を用いた言葉遊び)

3)イメージやシンボルの比喩的使用により構成され、独自の言い換えや寓意を用いた短歌

応募期間: 27 平成 9月1日(火)~12月31日(木)12時00分 (msk).

審査員:

日本語短歌部門:

樽見和徳 早稲田大学文学部卒業 日本文学を専攻 文学学士

荒川好子 サンクトペテルブルク国立大学日本学科准教授、文学準博士Ph.D.

ロシア語短歌部門:

Khronopulo Liala Yurievna サンクトペテルブルク国立大学日本学科准教授、文学準博士Ph.D. 日本文学および日本語専門家

Palyshina Ekaterina Vladimirovna 教育学準博士Ph.D. 日本学者、翻訳家

Nechaeva Mariya Nikolaevna  文学者、教育者、ロシア科学アカデミーロシア文学研究所客員研究員、編集者、サンクトペテルブルク国立大学日本学科職員

 

評価基準:

「和歌九品」に従い評価します。

スポンサー:NPO NORD INVEST LTD、 PulEkspress

 

協力:

サンクトペテルブルク国立大学日本学科、サンクトペテルブルク国際協力協会

テキスト:お一人1首のみの参加とさせていただきます(ロシア語部門と日本語部門への各1首ずつの参加可)。応募作品は、未発表のものに限らせていただきます。短歌は31拍(五七五七七)2連から成るものをお送りください。

各賞の優勝者には、受賞の旨を2016年2月末にEメールでお知らせします。

優秀賞および審査員特別賞は、数回にわたるコンクール開催の後、「古の歌と新しい歌の詩集」に掲載されます。

 

表彰:

 

各部門の参加作品の中から、優秀作品の作者には賞状と記念品をお送りします。

 

受賞セレモニーは第16回「サンクトペテルブルクにおける日本の春」フェスティバルの枠内で行われます。日時および開催場所などについては、受賞者に別途お知らせいたします。

 

コンクールに関する情報: http://www.tanka.spbu.ru

 

 

 

»