規約

露日短歌コンクール規約

2015年9月~12月に行われる第12回「サンクトペテルブルクにおける日本の秋」フェスティバルの枠内で第1回露日短歌コンクールを開催いたします。

応募方法:自作の短歌をEメールでお送りいただくだけです。ふるってご応募ください。本WEBページの「申し込み」ページで、またはspb.tanka.kontest@mail.ruにEメールでお送りください。

コンクール開催委員会:在サンクトペテルブルク日本国総領事館、レニングラード州立法議会支援およびサンクトペテルブルク市政府国際関係委員会および文化委員会支援国際協力協会、サンクトペテルブルク国立大学(東洋学部日本学科)

コンクール開催の目的:文化面や芸術分野でのロシアと日本の関係の発展と強化、様々な知的コミュニティの人々への国際的文化教育活動の呼びかけ、コンクール参加者の創作能力開発。コンクールの枠内で、短歌の歴史や伝統、理論や規範についてマスタークラスを開催。

コンクールの課題:

日本の古典的な詩歌の歴史と伝統、様々な時代や学派の日本の有名な歌人の作品を参加者に紹介すること。

短歌の修法を用いてロシア語または日本語で独自の詩歌作品を創作する能力を開発すること。

歴史的文化的世界遺産に対するコンクール参加者の興味を刺激すること。

日本の歴史、文化、習慣や伝統を紹介すること。

応募資格:サンクトペテルブルク市およびレニングラード州にお住まいの方、また大阪府および京都府にお住まいの方ならどなたでもご応募いただけます。作品は、必ず本名でお送りください。ご希望により筆名を付加していただいても結構です。

コンクール開催条件と規則:

本コンクールでは、「白夜」という題で短歌を募集いたします。

1)革新的な序詞の短歌

2)言葉遊びで構成された短歌(音や語のパラレル、同音異義語を用いた言葉遊び)

3)イメージやシンボルの比喩的使用により構成され、独自の言い換えや寓意を用いた短歌

 

締め切り: 2015年12月31日 モスクワ時間AM12:00日本時間AM6:00

 

審査員:

日本語短歌部門:

樽見和徳 早稲田大学文学部卒業 日本文学を専攻 文学学士

荒川好子 サンクトペテルブルク国立大学東洋学部日本学科准教授、文学準博士Ph.D.

ロシア語短歌部門:

Khronopulo Liala Yurievna サンクトペテルブルク国立大学東洋学部日本学科准教授、文学準博士Ph.D. 日本文学および日本語専門家

Palyshina Ekaterina Vladimirovna 教育学準博士Ph.D. 日本学者、翻訳家

Nechaeva Mariya Nikolaevna  文学者、教育者、ロシア科学アカデミーロシア文学研究所客員研究員、編集者、サンクトペテルブルク国立大学東洋学部日本学科職員

評価基準:

「和歌九品」に従い評価します。

  1. 上品上 これは、詞妙にして、あまりの心さへあるなり
  2. 上中 ほどうるはしくて、あまりの心あるなり
  3. 上下 心深からねども、おもしろき所あるなり
  4. 中上 心詞、とゞこほらずして、おもしろきなり
  5. 中々 すぐれたる事もなく、悪き所もなくて、あるべきさまを知れるなり
  6. 中下 少し思ひたる所あるなり
  7. 下上 わづかにひと節あるなり
  8. 下中 ことの心、むげに知らぬにもあらず
  9. 詞とゞこほりて、おかしき所なきなり

上記のほか、次も考慮されます。

叙述的または叙情的であること、旋律の美しさ、短歌の基本的技法を用いていること、単なる数字の合計による答えとは異なり作品構成部分の総合による相乗的効果をもつ文学作品であること。

スポンサー:NPO NORD INVEST LTD、 PulEkspress

協力:

サンクトペテルブルク国立大学東洋学部日本学科、サンクトペテルブルク国際協力協会

応募作品:お一人1首のみの参加とさせていただきます(ロシア語部門と日本語部門への各1首ずつの参加可)。応募作品は、未発表のものに限らせていただきます。短歌は31拍(五七五七七)から成るものをお送りください。

各賞の優勝者には、受賞の旨を2016年2月末にEメールでお知らせします。

優秀賞および審査員特別賞は、数回にわたるコンクール開催の後、「古の歌と新しい歌の詩集」に掲載されます。

表彰:

各部門の参加作品の中から、優秀作品の作者には賞状と記念品をお送りします。

受賞セレモニーは第16回「サンクトペテルブルクにおける日本の春」フェスティバルの枠内で行われます。日時および開催場所などについては、受賞者に別途お知らせいたします。

コンクールに関する情報: http://www.tanka.spbu.ru

お問い合わせ先 spb.tanka.kontest@mail.ru